てんかんを改善するには自分にあった薬を選ぶ

てんかんの患者さんの場合、もちろんてんかんの患者さんでなくても、精神系の病気を治すためには、医師との相性がとても大切である、このように言われています。これはなぜかというと、精神病の場合には、医師との会話などがとても大切であり、てんかんの患者さんは、とても繊細で、心優しい人が多く、自分で言いたいことをうまく言えないケースなどがあり、同時に、気配りをし過ぎてしまう、このようなケースがあります。そのため、医師によっては、患者さんが抱えている問題、例えば環境で起こってしまっているてんかんの症状について、聞いてくれない、理解をしてくれない、または患者さんに上手に聞けないケースなどがあることから、てんかんであるということを見抜けず、違う病名を出してしまうケースがあるものです。そのため、自分にあった薬を選ぶことが出来ず、また、突然転倒してしまったり、意識がなくなってしまったり、突然強い不安感などがおそってくる、このようなケースが起こってしまうものです。もし、このような症状が続く場合には、セカンドオピニオンを受け、別の病院や診療所を訪れることで、改善がされるケースがあります。特に、名医と口コミなどでも評判の医師の場合には、患者さんを見てきたケースがとても多く、すぐにその患者さんがてんかんである、と見抜けることもあり、それから、その患者さんに合ったお薬を、じっくりとしっかりと選んでくれます。また、言いづらいこと、悩みなどについても、しっかりと話しを聞いてくれるケースが多く、そのため、置かれている環境などが悪い場合には、診断書などを出して、職場に配置換えの手続きの診断書などを書いてくれたり、良くなる方向に導いてくれます。