ラミクタールはてんかん治療に効果的な作用をもつ

ラミクタールは抗てんかん薬としてよく使われている薬です。また双極性障害、いわゆる躁うつ病の治療薬としても用いられます。
てんかんは脳神経を走る電気信号が異常に多くなることで起きる病気です。ラミクタールは神経のナトリウムチャネルを抑制し、興奮を静めることにより、てんかんの発作を抑える効果があるとされています。
ただし、躁うつ病に作用する理由はよく分かっていません。
ラミクタールは子供のてんかんにも効果的です。カシス風味の飲みやすい錠剤で、砕いてから水に溶かして飲むこともできます。
単独でも効果を発揮しますが、ほかの抗てんかん薬では十分な治療効果が見られないとき、それらと組み合わせて用いられることもあります。
多くの薬と飲み合わせがあり、併用する薬によって血中濃度が高くなったり低くなったりするため、慎重な処方が必要です。
ラミクタールには皮膚障害や眠気、吐き気などの副作用があり、死亡例も報告されています。
まず発疹が見られ、発熱や目の充血、むくみや粘膜のただれ等に進展します。
このような症状が出ることはめったにありませんが、発疹が出たらすぐに服用を中止し、医師に相談しなければなりません。
特に小児には副作用が出る可能性が高いと言われています。
ラミクタールは最初は少量を使用し、様子を見ながら少しずつ増量していくのが基本になります。
初めから大量に服用すると、皮膚障害を起こす危険が大きいので、医師の処方をきっちりと守る必要があります。
またてんかんは投薬を中止すると再発しやすいため、発作が出なくなっても、自分の判断で薬をやめるのは良いことではありません。この場合も医師と相談の上で、少しずつ減量していくことになります。